英語通信

共通言語

kotoba

英語は言語の種類の1つです。
もともとはイギリスで生まれた言語ですが、現代では世界80ヶ国の国々で使用されている共通言語です。

日本国内でも、日本語が地域によって訛りがあるように、英語も地域によって訛りが見られます。
特に有名なのがイギリスとアメリカの発音の違いです。Rの発音の有無などに特徴があります。
イギリスで生まれた言語ですが、日本国内ではアメリカ合衆国の言語であるというイメージが強いです。
それゆえに、アメリカで話されているものが正しく、イギリスで話されているものは訛りがある言語と捉えられることも多いです。
しかし、諸外国では訛りをあまり気にしないことが多いです。
なぜなら、母語として使用している人数も5億人を超えることから、訛りはあって当然という考え方の方が強いのです。

留学

英語を学ぶために、海外へ語学留学する人も増えています。
海外の専門学校や大学に数ヶ月から数年間の単位で留学をすることによって、語学を身につけることが容易になるのです。
一般的に留学期間が長いほど語学の習得には有益とされていますが、期間が長くなればその分費用も高くなります。
留学する際には、学校の授業料だけではなく、渡航費や生活費なども別途必要になってきます。
それゆえに高額の費用が必要になり、留学を諦めざるを得ない場合も多いのです。

1ヶ月程度の留学であれば費用も低くなりますが、1ヶ月の滞在では言語の上達があまり見られないことも多いです。

教育

kouka

日本では、英語の教育は中学校と高等学校合わせて6年間必修として学ばれてきていました。
しかし、6年間も学習しているのにも関わらず、諸外国と比べて英語の能力が低い人が多いです。
近年ではグローバル化によって、英語の重要度も高まっています。それゆえに2011年度からは、小学校での外国語活動としても学習が始まりました。

また、学校以外での学習機会としては英会話教室や通信教育が挙げられます。
どちらも、学問として学ぶというよりも英会話が出来るようになることを目的とすることが多いです。